化学療法センター

ごあいさつ

当院では悪性疾患に対する抗がん剤治療を積極的におこなっております。
患者さんの生活の質を重視し、入院せずに外来で通院しながらがん治療を受けられる体制をとっております。
2階に化学療法室(4つのベッドと3つのリクライニングチェアー)があり、ヒーリングミュージックをかけ、ゆったりとした空間で治療ができるようになっております。 お隣には薬剤部があり、専門の薬剤師が抗がん剤を調剤し、専門の看護師も配置し心配なく抗がん剤治療がおこなえる環境を整えております。
対象疾患は食道癌・胃癌・肝胆膵の癌・小腸大腸の癌・消化管悪性リンパ腫です。
癌に対する化学療法の進歩は目覚ましいものがあり、毎年のように治療法が進化している状況です。定期的に医師・看護師・薬剤師などの多職種でのカンファレンスをおこない、最新情報を共有し、患者さまの病状や治療方針なども話し合い、幅広く意見交換をおこなっております。
外来での治療の不安もあるとは思いますが、安心して治療を受けていただけるようにさまざまな職種が協力してサポートします。

これからも最新のエビデンスに基づいた抗がん剤を積極的に使用し、患者さまと十分なご相談をしながら治療を進めてまいります。

化学療法センター長

 村山 忠雄

ページ上部へ戻る

がん化学療法のレジメンについて

  • □当院では、がん化学療法のレジメン情報を公開しています(随時更新)。
  • □レジメンの公開は、地域の医療機関及び保険薬局と連携し、外来での化学療法の質を向上するために行っています。その他の目的での使用、複製、コピー等は禁じます。
  • □レジメンは、外来での使用頻度が高いものに限定しているため、院内で承認されたすべてのレジメンを公開しているわけではないことをご了承ください。また、投与量や投与スケジュールは、患者さんの状態等によって変更されることがあります。

下記リンクにて当院のレジメン一覧を公開しております。
1.胃がん
2.大腸がん 
3.肝胆膵がん

*免責事項

本レジメン一覧は、医療従事者を対象にしたものであり、一般用ではありません。

また、本レジメン一覧を参考にレジメン作成しないでください。

当院では一切の責任を負いません。

年間化学療法がん種別件数

※表は横にスクロールします。

年間化学療法件数 2022年件数 2021年件数 2020年件数 2019年件数 2018年件数
A(胃・食道癌) 41 14 59

89

57
B(胃・大腸癌) 285 307 234

172

125
C(肝・胆・膵臓癌) 131 52 69 41 42
D(乳癌) 9 11 0

13

24
E(悪性神経膠腫) 4 6 13

3

1
F(悪性リンパ腫) 0 0 0

8

4

トレーシングレポート(服薬情報提供書)について

当院では、薬物治療の有効性と医療安全向上の観点より、
保険薬局からのトレーシングレポート(服薬情報提供書)の運用を導入しました。

・トレーシングレポートについての詳細はこちら

患者さんのご紹介について

ご紹介の際は化学療法センター又は各曜日の担当医宛でご紹介ください。
また、緊急の場合や、早急に入院が必要の場合は、救急外来まで直接ご連絡いただければ、すぐに対応いたします。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る