脊椎脊髄外科外来

ごあいさつ

当外来では、脊椎脊髄外科専門医が、脊椎・脊髄疾患に対する専門的な治療を行っています。
脊椎・脊髄疾患による痛み、しびれ、神経麻痺、歩行障害など様々な症状でお悩みの患者さまに対して最先端で最高の医療を提供いたします。
また患者さまの身体的負担の少ない最新の低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。

ページ上部へ戻る

診療科の特徴

脊椎脊髄外科とは主に脊椎とその中を通る神経(脊髄、馬尾、神経根等)の病気に対して治療を専門的に行う診療科です。脊椎と脊髄等になんらかの異常をきたすと患部の痛みやその先のしびれを起こしたりします。脊椎脊髄外科はこの異常をきたした部分を治療することにより痛みやしびれの改善を目的としている診療科です。

①頚椎から腰椎までの全脊椎の疾患に対する治療を行います。受診時に、神経学的診察、レントゲン検査、CT・MRI・脊髄造影検査等を行い、正確な病態を把握します。その結果を踏まえ、保存的治療と手術治療のいずれが必要かを判断します。

②腰椎椎間板ヘルニアに対して、椎間板内注射治療(椎間板成分を分解する酵素を注射する治療法)が奏効する方もおられます。適応を考慮して一部の患者様に実施しています。

③手術術式は、各病態に応じた最適な治療を選択します。特に切開が小さく、患者様のお身体への負担が少ない低侵襲治療(内視鏡手術など)を重視しており入院期間が少なく、早期社会復帰ができる治療を行っています。 顕微鏡、内視鏡(MED、PED)、術中神経モニタリングシステム(神経の負担をチェックする装置)等の機器を用いて、安全で正確な治療を行います。

脊椎内視鏡下手術システム(MED/Medtronic社)

脊椎内視鏡下手術システム

経皮的椎間板摘出術システム(PED/Wolf社)

経皮的椎間板摘出術システム

バルーン椎体形成術システム(BKP/Medtronic社)

脊椎内視鏡下手術システム

ページ上部へ戻る

主な疾患

頚椎症、頚部・腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、腰椎分離・変性すべり症、変性側弯、脊椎圧迫骨折、脊椎破裂骨折、化膿性椎間板炎、脊髄腫瘍など

主な治療法

内視鏡補助下椎間板ヘルニア摘出術(MED)

MEDは内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出する手術。 傷口は18~20mm弱で、5~6泊の入院が必要です。

経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術(PED)

PEDは、直径8mmの内視鏡下で椎間板ヘルニアを摘出する手術です。筋肉の剥離が従来の手術方法より少なく、早期退院可能です。

頚椎前方手術(頚椎前方固定術)
頚椎後方手術(椎弓形成術(片開き式、両開き式))
頚椎~腰椎の椎間板ヘルニア手術・腰部脊柱管狭窄症手術
胸椎、腰椎後方固定術
脊髄腫瘍摘出術(髄内、髄外)
経皮的椎体形成術 (BKP)

骨粗鬆症による背骨の骨折に対して行われている低侵襲な手術法です。

椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)

患者さんのご紹介について

ご紹介の際は脊椎脊髄外科外来又は各曜日の担当医宛でご紹介ください。
また、緊急の場合や、早急に入院が必要の場合は、救急外来まで直接ご連絡いただければ、すぐに対応いたします。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る

脊椎脊髄外科外来

【受付時間】7:45~11:00、13:45~16:30
【診療開始時間】8:30~、14:30~

午前
8診 田中(聡)
(脊椎脊髄外科外来)
9:00
午後
4診 田中(聡)
(脊椎脊髄外科外来)
外来担当医表 医師紹介