感染対策部門

感染対策部門について

感染対策委員会(ICC)会議

月1回開催

感染制御チーム(ICT)会議

週1回開催

活動内容

1.サーベイランス(監視)業務
  1. (1)特定の感染症発生の確認、感染源や感染経路の把握
  2. (2)病院環境の汚染状況や多剤耐性菌保菌者の把握
  3. (3)病院疫学情報の把握
  4. (4)抗MRSA薬など特定の抗菌薬の使用実態の把握
2.コンサルテーション・指導業務
  1. (1)感染対策に対するコンサルテーションおよび指導
  2. (2)感染対策マニュアル、ガイドラインの作成
  3. (3)院内における感染対策処置・予防処置の評価と指導
  4. (4)啓蒙・教育
  5. (5)病院内各部門との連携
  6. (6)他施設・地域医療との感染対策ネットワークの構築
  7. (7)患者さんや家族、地域住民などへの対応
3.職業感染防止

・予防接種の推進、職員の麻疹・水痘など感染症の既往歴および血清抗体価把握など 特定感染症追跡調査など保健所との協力及び連携
・針刺し事故の報告、調査

4.病院内巡視

各部署の点検を行い、院内感染の観点から問題点の把握や改善指導を行う。

5.院内感染対策委員会への報告

活動内容について随時ICTと情報を共有し、さらに院内感染対策委員会に月次報告を行う。

本指針の閲覧

職員は患者さんとの情報の共有に努め、患者さんおよびその家族等から本指針の閲覧の求めがあった場合には、これに応じるものとする。なお、本指針の照会にはICCが対応する。

院内感染対策地域連携

1.日本私立学校振興・共済事業団 東京臨海病院、医療法人社団昌医会・葛西昌医会病院、医療法人社団・同愛会病院と連携し、相互訪問等を通じて院内感染対策の相互評価を行う。

2.地域の病院と連携し、合同カンファレンス、院内感染対策の個別相談等を通じて、地域の院内感染対策の質の向上に努める。

夜間・休日・救急診療
03-5679-1211
外来診療予定表