緩和ケアチーム

緩和ケア

緩和ケアとは、病気に伴う心と体の痛みを和らげることであり、がんと診断された時からの緩和ケアの推進が理想的だといわれています。
緩和ケアをおこなっているのは末期がんの方だけという考え方とは異なります。WHOは2002年に“緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者さんとその家族に対して、疾患の早期より痛み、身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題に関して、きちんとした評価をおこない、それが障害とならないように予防したり、対処することで、クオリティオブライフ(QOL)を改善するためのアプローチである”と述べています。

がんと診断され治療中であったとしても、当院では早期に緩和ケアチームの介入を進めるように指導しています。しかしながら当院は急性期治療に重点を置いている病院のため、緩和ケア病棟がありません。入院が必要な場合には、当院の地域連携室から近隣の緩和ケア病棟を持つ病院へのご紹介をしておりますし、ご自宅で過ごされたい方には訪問診療をおこなっていただけるクリニックのご紹介もおこなっております。
また当院では厚労省の定めた、“がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会”に積極的に参加し緩和ケアの知識の向上とアップデートをすすめております。

緩和ケアチーム長挨拶

緩和ケアとは、末期の患者さんだけでなく、がんと診断されたすべての患者さんのあらゆる苦痛を取り除くことをいいます。病気への不安、治療に対する不安、経済的な不安など、様々な観点からサポートしていきますので、何でも相談してください。また、がんのリハビリテーションチームとも密に連携し、担癌患者さんの寝たきり予防など、緩和ケアの一環として積極的に関わってもらっています。

緩和ケアチーム長

村山 忠雄 先生

夜間・休日・救急診療
03-5679-1211
外来診療予定表