入退院支援部門

入退院支援センター長挨拶

入退院支援センターとは、一人一人の患者さんが入院を予防し地域で生活を続けられること、 入院をしても治療の後には生活に戻れることを目指す多職種チームの活動です。

高齢社会、核家族化などの社会的課題が大きく取り上げられるにともない、病院においても病気の治療にとどまらず、病後の生活への復帰を視野にいれたサポートを行うことが必要になっています。病気の治療だけを行っても、生活上の安全性や快適性が確保されなければ、病気を再発し再入院になってしまう恐れが高いからです。
当院では、なるべく入院を予防し地域で生活を続けられること、そして入院をしても治療の後には生活に戻れることを目指して、多職種で連携をとりながら入退院に関する支援を行っています。多職種とは、医師、看護師、訪問看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚 士、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー、医療事務等、患者さん・ご家族様と関わる全ての職種です。 多職種は、一人一人の患者さんの支援を行うことはもちろん、定期的にカンファレンスや会 議を行っています。話し合いを通じて、よりよい支援の方法や、地域の関係者の方との連携の在り方を考えています。 今後も入退院支援センターの活動を通して、地域の医療・保健・福祉の増進に少しでも貢 献できるよう努力をしてまいります。

入退院支援センター長

宗像 健彦

夜間・休日・救急診療
03-5679-1211
外来診療予定表