平成30年度 森山記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 38 166 197 370 534 665 1159 1088 269
年齢区分別(10歳毎)の人数を集計しております。
90歳以上は全て90~に集計されております。
当院は、救急医療、脳神経外科を中心に地域医療に注力している、急性期病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟を備えた医療機関です。 当院には産科、小児科がなく地域の高齢化も伴い60歳以上が多くなっております。 特に提携している老人ホームや系列の介護保険施設からの入院受け入れも多くなっております。 また、外来かかりつけの方も高齢化が進んでおり、50~の増加を認めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060380XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 75 5.19 5.42 1.33% 56.59
060100XX01XXOX 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 61 5.84 2.67 1.64% 65.74
060130XX99000X 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処 置等2 なし 副傷病なし 50 12.62 7.40 4.00% 67.62
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病 49 8.78 8.95 0.00% 70.63
060102XX99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 45 9.31 7.75 2.22% 63.11
当院の外科は内科系の腹部疾患も内科と協力して治療にあたっている為、腸炎が外科に載っております。 消火器疾患(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)の多くが高齢者であるのは、地域住民、かかりつけ患者様の多くが高齢化している為です。 夜間、救急を含め24時間内視鏡の対応ができる体制をとっており、緊急手術にも対応できるため、消化器疾患が多くを占めていると考えております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 100 26.30 20.92 17.00% 85.48
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 65 20.74 17.66 10.77% 80.62
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 52 16.85 12.58 0.00% 78.67
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 38 3.11 3.01 0.00% 68.82
050050XX2000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 33 3.97 4.47 0.00% 69.30
肺炎、尿路感染症などは内科全体で治療にあたっている為、計上されております。また、高齢などにより肺炎の患者数は増加しております。 狭心症はカテーテル検査および手術(治療)を行っております。これらの検査、治療は予定入院で行うことが多く、全国平均に近しい入院期間で対応できております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99010X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 副傷病なし 11 15.18 14.21 0.00% 71.55
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし - - 20.92 - -
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等 2 なし 副傷病なし - - 12.05 - -
110310xx99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.58 - -
110280XX02X00X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手 術・処置等2 なし 副傷病なし - - 8.75 - -
患者数が10未満の場合は【-】で表示されております。
肺炎、尿路感染症などは内科全体で治療にあたっている為、計上されております。 当院では人工透析内科と協力し、血液透析・腹膜透析患者様を主な対象としております。 また、血液シャントの治療も併せて行っております。 外来血液透析・腹膜透析の対応も行っており、退院後の継続したフォローアップも可能となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 87 35.56 26.30 52.87% 79.72
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 62 27.15 19.61 24.19% 79.50
070343XX99X1XX 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 1あり 21 2.76 2.79 0.00% 73.71
070343XX01X0XX 育柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 |(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 18 25.94 21.39 11.11% 74.89
160980XX99X0XX 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 18 28.00 19.32 33.33% 78.22
保存的治療、手術治療ともに初期から機能回復までリハビリテーションを実施しております。 また継続的な入院によるリハビリテーションが必要な場合は、回復期病院や慢性期病院へ転院できる体制をとっております。 そのため、平均年齢も高い股関節の手術治療を終えた患者様の転院率が高くなっております。 脊柱管狭窄につきましては、手術前に入院検査を行っているため、検査入院と手術入院で2回、計上されております。 外来通院による継続リハビリテーションが必要な場合は、当院で継続して行う事が可能となっております。
大腸・肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XXOX 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 92 2.61 2.67 0.00% 63.33
060241XX97XXXX 痔核 手術あり 55 8.40 5.78 0.00% 55.65
060235XX97XXXX 痔瘻 手術あり 49 5.04 6.27 0.00% 40.57
060260XX97XXXX 肛門狭窄、肛門裂溝 手術あり 19 8.05 7.76 0.00% 47.84
060100XX99XXXX 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 13 2.85 2.99 0.00% 69.85
痔の手術、大腸内視鏡による手術、検査を主に担当している診療科です。 痔の手術は患者様のライフスタイルに併せ、余裕を持って対応出来るようにしているため、全国平均より入院日数が長くなっております。
入院前後も通院しやすいように、17時から18時の外来診療で対応しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100260XX9700XX 下垂体機能亢進症 手術あり 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 168 13.48 17.16 37.50% 50.70
010200XX01X00X 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 89 14.03 20.18 32.58% 74.16
010060X29902010 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置 | 010060X2990201 等2 2あり 副傷病なし 発症前RankinScale 0、1又は2 86 15.40 16.16 30.23% 74.21
010010XX01X00X 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 副傷病なし 83 19.69 21.16 13.25% 53.90
010060X2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 副傷病なし 発症前RankinScale 0、1又は2 80 12.89 16.18 28.75% 66.95
当院を代表する診療科です。 脳梗塞の早期治療(t-PA静注療法)、血管内治療や各種開頭手術などを行っております。 下垂体治療は治療件数が増加しており、多くの治療を手がけております。 また脳卒中ケアユニットも9床に増床し、充実した体制を取っております。 リハビリテーションに関しても早期から介入しており、機能回復につとめております。 転院に関しましては、回復期病院とも連携しており、術後や脳卒中の回復期入院が多くを占めております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 - - - - - 1 8
大腸癌 - 18 37 11 - - 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数が10未満の場合は【-】で表示されております。
癌の治療は主に外科が手術、化学療法に当たっております。
消化器系の癌治療を多く実施しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 13.84 54.76
中等症 113 31.79 82.28
重症 18 33.83 83.06
超重症 - - -
不明 - - -
患者数が10未満の場合は【-】で表示しております。
患者数は年々増加傾向にあります。また重症であるほど、平均年齢が高くなっており、平均在院日数も長くなっております。当院では、内科系全体で治療に当たっており、NST委員会や歯科口腔外科とも協力し、栄養管理や口腔ケアを行っております また呼吸器リハビリテーションも実施しており、早期回復にチーム医療で当たっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 358 17.68 73.51 37.15%
その他 24 16.04 70.13 37.50
脳神経外科、神経内科が治療に当たっております。救急を含め、脳卒中の早期治療に注力しており、t-PA静注療法、血栓回収術を24時間実施できる体制を取っております。また、早期リハビリテーションも実施しております。そのため、平均在院日数も比較的短くなっております。
継続した入院治療が必要な場合は、回復期病院へのスムースな転院が可能な体制を整えており、その結果が転院率に反映されております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 63 1.54 2.92 0.00% 65.52
K672-2 腹腔鏡下胆囊摘出術 50 4.54 6.98 0.00% 59.64
K6335 鼠径ヘルニア手術 35 1.83 4.46 0.00% 68.83
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造 設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 24 7.88 13.25 70.83% 78.79
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 23 7.61 33.87 0.00% 73.26
主に腹部外科の対応をしております。
胃瘻につきましては近隣の医療機関、介護施設、老人ホームなどからの依頼が多く有るため、転院率が高くなっております。
低侵襲の内視鏡治療、腹腔鏡治療にも注力しております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 38 2.13 4.87 2.63% 69.92
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造 設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14 35.00 32.29 42.86% 82.29
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
10件以下の場合は【-】で表示されております。
心臓カテーテル検査、治療やペースメーカ治療を行っております。
胃瘻につきましては外科で手術を行い、治療を内科全体で協力して行っております。
また胃瘻については近隣の医療機関、介護施設、老人ホームなどからの依頼が多数あるため、転院率が高くなっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 53 5.72 30.25 52.83% 79.96
K0811 人工骨頭挿入術(股) 43 7.14 29.81 46.51% 79.72
K0462 骨折観血的手術(前腕) 23 1.96 7.96 0.00% 66.09
K0821 人工関節置換術(膝) 18 2.06 35.00 5.56% 77.28
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術 (後方椎体固定) 17 7.53 30.53 11.76% 70.71
四肢の骨折治療、膝関節、股関節の人工関節治療及び脊椎の治療を多く行っております。
術後の早期リハビリテーションを実施しております。
継続した入院リハビリテーションが必要な場合は、回復期病院へのスムースな転院が出来る体制を取っているため、下肢の治療は特に転院率が高くなっております。
大腸・肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 67 0.28 1.19 0.00% 64.01
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない) 57 1.33 6.04 0.00% 55.58
K7462 痔瘻根治手術(複雑) 36 0.97 3.50 0.00% 41.92
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 28 0.18 1.79 0.00% 62.57
K7435 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴う) 28 1.21 5.86 0.00% 50.43
主に痔や大腸の内視鏡治療を行っております。
入院当日の手術対応も行っているため、平均術前日数が1より小さくなっている治療があります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 172 1.86 11.02 38.87% 50.69
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 99 2.99 16.55 18.18% 53.86
K1742 水頭症手術(シャント手術) 93 1.77 11.58 33.33% 73.66
K160-2 頭蓋内微小血管减压術 60 1.23 9.85 1.67% 61.85
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント) 45 1.53 8.56 6.67% 64.38
下垂体治療につきましては、近年件数が増加しております。
近隣だけではなく、日本各地からご紹介いただくため、転院率が高めになっております。
また脳腫瘍治療、脳血管内治療も増加傾向にあります。
脳血管内治療につきましては24時間対応可能な体制を取っております。
どの治療につきましても、術後の早期リハビリテーションも実施しております。
そのため、平均術後日数も比較的短くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 11 0.25%
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 13 0.29%
異なる - -
件数が10件未満の場合は【-】で表示しております。
感染症及び合併症、再手術の発生率を表示しております。
発生件数が少しでも少なくなるよう、病院全体として取り組んでおります。
再手術に関しましては、減少傾向にございます。
なお、【180040:手術・術後の合併症】の多くは人工血液透析用の血管に対する再手術となっております。
血液透析を継続することにより、ある程度の期間で再手術が必要になっております。
また、【130100:播種性(はしゅせい)血管内凝固】とは、主に産科合併症、感染(特にグラム陰性桿菌)、固形癌を原因として全身の主として細小血管内に微小血栓が多発する病気です。
当院は主として肺炎などの感染症を起因として発生しておりました。
更新履歴
2019/09/28
平成30年度版病院指標「第1版」を公開しました。