TOP

外科 診療科案内

外科

  • 名誉院長、副院長を含む4名のスタッフで、消化器疾患を中心として外科一般を広く扱っています。急性期疾患としては消化管出血や穿孔(胃十二指腸出血・穿孔、小腸大腸出血・穿孔など)、腹膜炎を伴う虫垂炎、腸閉塞などに、迅速に対応しています。最近では消化管穿孔でも、即手術ではなく保存的治療(抗生剤などによる)も行っています。胆石症・総胆管結石症などに対しては内視鏡的治療(内視鏡的乳頭切開術EST)や低侵襲といわれる腹腔鏡手術を取り入れており、傷の小さな治療を行っています。急性虫垂炎に対しても、保存的治療のみならず、傷の小さい腹腔鏡による手術(腹腔鏡下虫垂切除術)を行っていますので、遠慮なくご相談ください。悪性疾患の患者さんに対しては、診断から外科治療・化学療法・緩和ケア・終末期治療までをひとつの流れとしてトータルに対応しています。早期悪性疾患に対しては内視鏡的治療(内視鏡的粘膜下層剥離術ESD)も積極的に行い、手術については低侵襲である腹腔鏡手術も行っています。一方で進行癌に対しては根治度を追及すべく高い水準の開腹手術と抗癌剤治療により、より多くの方々が少しでも長く幸せな生活が送れるよう努力しています。さらに悪性疾患術後の患者さんに対する外来での化学療法、疼痛コントロールなども専門のスタッフが対応しています。2008年からは、小腸カプセルカメラを導入し、胃カメラや大腸カメラでは診断不可能であった小腸の診断を積極的に進めています。

消化器センター

消化器センター

対象疾患と診療内容

良性疾患

大腸憩室炎・胃十二指腸潰瘍・腸閉塞・腹膜炎・総胆管結石症・胆石症・虫垂炎・鼠径ヘルニア・肛門疾患・気胸など

悪性疾患

食道癌・胃癌・小腸・大腸癌・肝臓癌・胆膵の癌・乳癌など

外科最新治療

低侵襲といわれる腹腔鏡手術

  • 当院では胆石症・胆嚢炎に対し、以前より腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っていましたが、他の疾患に対しては開腹手術を選択していました。 しかしここ数年、手術は開腹から腹腔鏡の時代へと変わってきました。当院でも少しずつ症例を積み重ね、
  • 急性虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術
  • 大腸良性疾患に対する腹腔鏡下大腸切除術
  • 大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術
  • 胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術

これらの手術は、「傷の小さい低侵襲な手術」と位置づけられており、術後の回復が早いこと、術後腸閉塞の少ないこと、感染の少ないこと、美容的に優れていることなどが、現在のところ学会などで評価されており、対象疾患は広がる傾向にあります。しかしながら癌手術についての長期的な成績についてはいまだ結論は出ておらず、癌治療としての標準治療ではなく、外科の治療法の一つとして位置づけられています。詳しいことは、外来担当医までご相談ください。

外来での抗癌剤治療

抗癌剤治療は、「入院で点滴につながれて」、というイメージが強いのではないでしょうか?しかし当院も含め最近では、抗癌剤治療は内服や外来で対応するものも少なくありません。また新薬も多く、効果も出てきているものがたくさんあります。 今後、ホームページで紹介する予定ですが、詳しくは外来担当医までご相談ください。

小腸カプセル内視鏡検査

当院では平成20年1月28日より上記検査を始めました。この検査は平成19年10月から保険適応となっていますが、適応対象が限られています。外科・消化器外科の外来にて承りますので、詳しくは外来スタッフにお尋ねください。

  • 検査費用
    保険診療:約3万円
    保険外診療:約10万円
    PillCam SBのアドバンテージ
    Clear クリアな画像
    小腸内の画像を収集
    光学イメージセンサーテクノロジーの使用により、自然でクリアな画像を掲像
    Simple シンプルな検査
    カプセルを飲み込むだけのシンプルな検査
    洗浄不要で単回使用
    患者さんは検査中の行動が制約されない
    全世界で50万人以上の使用実績
    1,000件を越える論文、学会発表

当院では平成20年2月より小腸カプセルカメラによる小腸検査を開始しました。平成19年10月1日から正式に保険適応となり、原因不明の消化管出血の患者さんが対象となります。保険診療の場合は約3万円、自由診療では約10万円となります。検査は極めて簡単で、25×11mmのカプセルを飲み込み8時間、体にセンサーをつけて過ごしてもらいます。(当院では朝9時にセンサーを装着し、午後5時にはずします)この間は多少の制限はありますが、ほぼ普段どおりに過ごせます。食事もカプセル内服から4時間経過すれば召し上がれます。その後、センサーのデータをダウンロードし、この画像を医師が読影します。

手術件数(主な悪性腫瘍)

  •  
  • 平成20年から平成21年6月までの主な手術件数
  • 413件
  • 食道癌
  • 右開胸開腹食道亜全摘術
  • 6件
  • 胃切除術
  • 開腹手術
  • 18件
  • 胃切除術
  • 腹腔鏡手術
  • 2件
  • 早期癌粘膜下層剥離術
  • 胃ESD
  • 11件
  • 早期癌粘膜下層剥離術
  • 大腸ESD
  • 8件
  • 小腸・大腸手術
  • 開腹手術
  • 48件
  • 小腸・大腸手術
  • 腹腔鏡手術
  • 26件
  • 肝胆膵手術
  • 肝切除術
  • 13件
  • 肝胆膵手術
  • 膵頭十二指腸切除
  • 4件
  • 肝胆膵手術
  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術
  • 60件

医師紹介

大久保靖

    • 役職:
    • 森山記念病院 名誉院長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 資格:
    • 日本外科学会認定医
      日本消化器外科学会認定医

北條郁生

    • 役職:
    • 副院長・外科部長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医
      日本消化器病学会専門医
      日本消化器外科学会認定医
      日本乳癌学会認定医

本橋英明

    • 役職:
    • 副院長・消化器センター長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 職歴:
    • 東京医科歯科大学医学部腫瘍外科、国立がんセンター中央病院外科、 中野総合病院外科などを経て、平成18年7月より現職。おもに消化器悪性疾患の診断、手術治療、化学療法を専門としている。
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医
      日本消化器外科学会専門医・指導医
      日本消化器内視鏡学会専門医
      日本がん治療認定医機構暫定教育医
      消化器がん外科治療認定医
      Society of Surgical Oncology(SSO),active member International Association of Surgeons,Gatroenterologists and Oncologists(IASGO)

村山忠雄

    • 役職:
    • 外科医長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 職歴:
    • 東京医科歯科大学医学部腫瘍外科
      新潟県立十日町病院
      東京都立大塚病院
      東芝病院/草加市立病院
      などを経て、平成26年10月より現職。
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医

堀口雄大

    • 役職:
    • 消化器外科医員
    • 学歴:
    • 金沢大学医学部 卒
    • 職歴:
    • 金沢大学医学部付属病院先進総合外科
      厚生連高岡病院
      国際医療福祉大学三田病院
      横浜栄共済病院
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医

有路登志紀

    • 役職:
    • 消化器外科医員
    • 学歴:
    • 群馬大学医学部 卒
    • 職歴:
    • さいたま赤十字病院
      厚町赤十字病院
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医