TOP

補聴器・耳鳴り専門外来 診療科案内

補聴器・耳鳴り専門外来

森山記念病院では補聴器・耳鳴り外来を第2、第4金曜日の午後に診察を行います。医師によるカウンセリングや特殊な装置を使用した訓練等、症状により治療方法は様々です。耳鳴りでお悩みの方は耳鳴り・補聴器専門外来へお越しください。
耳鳴り・補聴器専門外来は完全予約制で、受診前に通常の耳鼻咽喉科・頭頸部外科を受診いただきます。受診後、症状に応じて耳鳴り・補聴器専門外来をご案内いたします。

電話番号:03-5679-1211(代表)

診療内容 TRT療法について

TRT療法とは、今聞こえている耳鳴りを意識しないように促すことで、耳鳴りから来るストレスを軽減させるという、比較的新しい治療法です。
人間の脳には、注意して聞く必要がないと思った音を、無意識のうちにシャットアウトする働きがあります。つまり耳鳴りの音を、「注意して聞く必要はない」と脳に認識させれば、耳鳴りの改善に繋がるというわけです。
その方法は、心理療法と音楽療法のいいとこ取りで考えられた方法で、以下の2つの治療方法を併用します。

  • 医師によるカウンセリング
  • 耳鳴りとともに、人工音を聞き続ける

まずは、耳鳴りは意識してしまうから辛いのだということを認識してもらうためのカウンセリング。次に、特殊な装置を使って人工音響を聞き続け、脳を耳鳴りに慣れさせる訓練を行います。
耳鳴りの原因を根本から解消する治療法ではないので、全ての耳鳴りにTRT療法が有効なわけではありません。
効果が出始めるのは、早い人で大体3ヶ月くらいからです。この段階ではまだ患者の心理状態に左右されることが多く、以前よりも楽になった程度の状態です。おおよそ8割程度の人が、TRT療法を受け始めてから半年でこの状態になります。
よほどの静寂環境でない限り、もう耳鳴りは全く気にならないという状態になるまでには、おおよそ1~2年程度のTRT療法の継続が必要となってきます。
このため、根気よく治療を継続しなければならないことと、費用がどうしても高くついてしまうことが問題となってくるでしょう。治療に使用する機器などには保険が適用されないそうです。TRT療法をご希望の患者様はお気軽にご相談ください。

医師紹介

高野 信也

    • 役職:
    • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科部長
    • 学歴:
    • 昭和大学 昭和57年卒
    • 資格:
    • 日本耳鼻咽喉科学会専門医・指導医
      東京都身体障害者福祉法指定医
      (聴覚、平衡機能、音声機能、言語機能及び咀嚼機能障害の診断)
      厚生労働省認定難病指定医