TOP

麻酔科 診療科案内

麻酔科

  • 当院では、麻酔科医は主に手術に関連する業務にあたっております。手術をするうえで麻酔は必要なものです。手術や麻酔薬の使用は体にいろいろな影響を与 えます。麻酔科医は手術中、血圧計、心電図などといった様々なモニターを使用し、患者さんの全身状態を把握します。そして手術が無事に問題なく終えられる ようにいろいろな薬を使い全身管理を行っています。ご不安や疑問などがございましたら、ご遠慮せずにどうぞスタッフまでお伝えください。

麻酔の種類

麻酔には大きく分けて5種類あります。全身麻酔、脊椎麻酔(いわゆる下半身麻酔)、硬膜外麻酔、神経ブロック、局所麻酔です。手術の内容、患者さんの状態にあわせて最適な麻酔方法を選択します。いくつかを組み合わせることもあります。

脊椎麻酔

はじめに腰から脊髄の近くに注射をします。神経の中枢である脊髄が薬で麻痺します。そして下半身は感覚を感じない状態が数時間続きます。その間に手術を行 います。足の手術や鼠径ヘルニアの手術などでよく行われます。ご希望により手術中寝ていることも可能です。

硬膜外麻酔

手術後の強い痛みを和らげるために行われます。背中から注射して神経の中枢である脊髄の近くにカテーテルを留置します。手術が終わった後もカテーテルから 薬を投与し続け痛みを和らげます。お腹の手術や足の手術で行うことがあります。全身麻酔や脊椎麻酔と組み合わせて行います。

神経ブロック

脊髄から出た後の神経の近くに注射をします。薬を浸潤させ神経を麻痺させます。この麻酔だけで手術が行われることもありますし、手術後の痛み止めに使われ ることもあります。注射する場所は手術する場所に応じて様々です。

局所麻酔

浅い傷の場合は、傷のあるところに直接麻酔薬を注射します。この方法で行う場合は麻酔科医ではなく、手術をする医師が行います。

医師紹介

四維東州(よついとうしゅう)

    • 役職:
    • 麻酔科 部長
    • 学歴:
    • 1995年日本医科大学卒
      2001年日本医科大学大学院卒(医学博士)
    • 職歴:
    • 日本医科大学麻酔科教室助手
      北村山公立病院麻酔科医長
      三井記念病院麻酔科医長、医局長、科長
      共立女子大学 非常勤講師
    • 資格:
    • 日本麻酔科学会麻酔科指導医/日本ペインクリニック学会暫定専門医
    • 著書:
    • 「一気に上級者になるための麻酔科のテクニック」三輪書店
      「一気に上級者になるための麻酔科のテクニック 第二版」三輪書店
      (韓国でも翻訳され出版)

山田晋也

    • 役職:
    • 麻酔科 医員
    • 学歴:
    • 筑波大学 卒
      筑波大学初期研修
    • 職歴:
    • 慶応義塾大学麻酔科入局助教
      小児総合医療センター医員
      埼玉医科大学総合医療センター医員
      埼玉市立病院 医員
      関東中央病院 医員
      三田病院 医員
    • 資格:
    • 日本麻酔科学会麻酔科認定医師指導医・標榜医・専門医