TOP

森山記念病院 診療部門センター

救急医療センター長 挨拶

 当院は昭和57年の開設以来救急医療に注力し続けてきました。様々な疾患の患者さんが来院されます。その中で、脳卒中は特に緊急治療を要することが多い疾患です。脳卒中は、死亡原因の第3位を占め、寝たきりなど介護が必要になる疾患の第1位でもあります。一旦、脳卒中で倒れると、その後の生活が想像もつかないほど一変してしまいます。 脳卒中センターでは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害の超急性期から急性期の治療を行っています。また、未破裂脳動脈瘤、脳動静脈瘻、脳動脈狭窄症、頸動脈狭窄症などの疾患に対しても計画的に治療を行っています。

  • 脳卒中センターは、脳神経外科、脳血管内治療科、神経内科、リハビリテーション科で構成されており救急医療センターと緊密に連携することによって、24時間365日、脳卒中専門医師が診察し迅速な治療を行なっていく体制を整えています。脳卒中治療を迅速に行うため、脳卒中専門医により計画的に入院医療管理を行う脳卒中専用病床であるSCU(Stroke Care Unit)6床を設けております。発症数日以内より超急性期リハビリテーションも行なっています。そして、現在の脳卒中治療の中心である脳血管内治療において、常に最先端の技術を提供できるようなシステムを構築しています。
  • 近年、脳卒中の約80%は脳梗塞となっています。以前は点滴治療しかありませんでした。点滴治療での血栓溶解療法(t-PA治療)も行われてきましたが、最近では、カテーテルによる手術(脳血栓回収術)を行うことによりさらに良い結果が得られるようになってきました。脳卒中センターでは、このカテーテル治療を積極的に行い、できるだけ多くの方がより良い結果を得られるように努力しています。 脳出血に対しては、外科的治療または内科的治療のどちらかを脳卒中ガイドラインにしたがって適切に選択しています。そして早期のリハビリテーションを行なっていきます。 くも膜下出血に対しては、原因を精査し治療を決定していきますが、ほとんどの原因である脳動脈瘤の破裂に対しては、脳卒中チームで適切に判断し、開頭クリッピング術またはカテーテルによるコイル塞栓術を行います。

当医会には、脳卒中急性期の後の回復期リハビリテーションを行う場として東京脳神経センター病院があり、連携して超急性期から慢性期までのケアーを確実に行なっています。

世界水準の最先端医療を提供できる取り組みを行いながら、地域の皆様に信頼されるセンターとして努力していく所存であります。よろしくお願い申し上げます。

平成28年7月1日  脳卒中センター長 朝来野佳三