TOP

森山記念病院 消化器センター

消化器センター長挨拶

  • 消化器センター長
    本橋英明
  • 森山記念病院は1982年に西葛西駅前に開院し、35年目の2016年、ここ北葛西に規模を拡大し、脳神経センターだけでなく、消化器センターを立ち上げることになりました。東京医科歯科大学や国立がん研究センター中央病院で得た知識と技術を、森山記念病院で提供できるように体制を整えております。内視鏡や腹腔鏡手術などの機材も最新のものをそろえ、医師・看護師も専門医や内視鏡検査技師が担当し、質の高い医療を提供させていただきます。また非常勤医師として東京医科歯科大学・東邦大学・松島クリニック・早期胃癌検診協会などのご協力のもと、より高度な専門性を維持しております。当院の性格上、救急疾患にも柔軟に対応しており、“世界水準の医療を地域へ!”のスローガンのもと、地域の皆様に信頼していただける病院になるよう鋭意努力してまいります。

消化器センター(外科・消化器外科・大腸肛門科の紹介)

  • 7名の常勤スタッフと9名の非常勤スタッフの総勢16名体制で、内科・外科の隔たりなく消化器疾患に対応しています。
  • 急性期の消化器疾患は、24時間体制の救急医療センターで受け入れ、画像診断・内視鏡処置や緊急手術などに、いつでも対応できる体制を取っています。
  • 悪性疾患の治療については、診断から内視鏡治療・外科治療・化学療法・緩和ケアを含めた終末期医療まで、最新のエビデンスに基づく医療体制をとり、十分なインフォームドコンセント(説明と同意)をおこなうことにより納得のいく医療を提供することを心掛けております。
  • 早期悪性疾患に対しては内視鏡的治療や腹腔鏡手術が適応となり、進行癌に対しては、化学療法と手術治療を合わせた積極的な集学的治療をおこなっております。
  • また内視鏡検査・治療については、早期胃癌検診協会・松島クリニック・東京医科歯科大学消化器内科・東邦大学医療センター大森病院・国立がん研究センター中央病院などのご協力をいただき診療をおこなっております。
  • 大腸肛門疾患については、新たに大腸肛門外科を立ち上げ、元東葛辻仲病院副院長の中島康雄先生を迎え、高度で専門的な治療体制を整えています。
  • 当院の特徴として、脳神経疾患・循環器疾患などをお持ちで、抗血栓治療(血がサラサラになる薬の内服)をおこなっている患者さんが多いことです。手術前後の管理も含め脳神経外科・循環器内科との連携を密に取り柔軟に対応できる体制となっております。
  • 現在、社会問題となっている胃瘻造設についても、多職種(医師・歯科医師・看護師・歯科衛生士・管理栄養士・リハビリスタッフ・ケアマネージャー)による合同カンファレンスをおこない質の高い胃瘻管理を目指しています。
  • 一般外科的な処置としての小手術(腫瘤切除、切開・縫合)なども外来でおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。
  • 当院は、日本外科学会関連施設日本消化器外科学会関連施設日本消化器内視鏡学会指導施設日本がん治療認定医機構認定研修施設に認定されており、当院でおこなわれた手術は外科系諸学会が協力して立ち上げた日本初の手術登録データベースNCDに登録しております。
外科
大腸・肛門外科

対象疾患

  • 急性期疾患: 消化管(胃・十二指腸・小腸・大腸)の出血・穿孔、腹膜炎を伴う虫垂炎、腸閉塞など
    • 緊急内視鏡による消化管止血では、最新の内視鏡設備を使用しAPC(アルゴンプラズマコアグレータ)などを用いた止血法で対応しています。
    • 急性虫垂炎に対しては傷の小さな腹腔鏡手術(腹腔鏡下虫垂切除術)を24時間体制でおこなっておりますので遠慮なくご相談ください。
    • 急性虫垂炎の腹腔鏡手術は術後合併症である創感染、傷の痛み、入院日数などが以前おこなわれていた開腹手術に比べて格段に向上していることがほぼ統一した見解となっており、当院での比較データを今後公表する予定です。
  • 良性疾患:胃十二指腸潰瘍・大腸憩室炎・腸閉塞・腹膜炎・総胆管結石症・胆石症・虫垂炎・鼠径ヘルニア・気胸など
  • 胆石症・総胆管結石症などに対しては腹腔鏡手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)や内視鏡的治療(内視鏡的乳頭切開術EST・内視鏡的バルーン拡張術EPBD)などにより、体への負担の軽い(低侵襲)の処置を心掛けております。
  • 肛門疾患: 詳しくは大腸・肛門外科のページをご覧ください。
  • 悪性疾患: 食道癌・胃癌・小腸癌・大腸癌・肝臓癌・胆道癌・膵癌など
  • 胃や大腸の早期悪性疾患に対しては内視鏡的治療(内視鏡的粘膜下層剥離術ESD)や、腹腔鏡手術を積極的におこなっており、患者さまの入院期間も以前に比べてかなり短くなっております。
    進行癌に対しては根治度を追及すべく高い水準の開腹手術と抗癌剤治療により、より多くの方々が少しでも長く幸せな生活が送れるよう努力しております。さらに悪性疾患術後の患者さんに対する外来での化学療法、疼痛コントロールなども専門のスタッフが対応しております。
    直腸癌に対しては、十分なインフォームドコンセント(説明と同意)のもと可能な限り肛門温存手術(主にISR(内肛門括約筋切除を伴う直腸切除))に対応しております。本法は標準術式とはなっておりませんが、今後、術後成績も含め評価されていくと思われます。
    また現在、狭窄を伴う進行大腸がんに対する大腸ステント治療を積極的におこなっており大腸ステント安全手技研究会にも参加しています。

  • 発見の難しいとされる小腸癌に対しては、小腸カプセルカメラや小腸ファイバーなどもおこなっております。

外来化学療法


  • 当院では悪性疾患に対する抗がん剤治療を積極的におこなっております。2階には化学療法室(4つのベッドと3つのリクライニングチェアー)があり、専門の薬剤師が抗がん剤を調剤し、ゆっくりとくつろいだ状態で抗がん剤治療がおこなえる体制を整えております。対象疾患は食道癌・胃癌・肝胆膵の癌・小腸大腸の癌・消化管悪性リンパ腫です。癌に対する化学療法の進歩は目覚ましいものがあり、毎年のように治療法が進化している状況です。定期的に医師・看護師・薬剤師などの多職種でのカンファレンスをおこない、最新情報を共有し、患者さまの病状や治療方針なども話し合い、幅広く意見交換をおこなっております。当院の基本方針として、最新のエビデンスに基づいた抗がん剤を積極的に使用し、患者さまと十分なご相談をしながら治療を進めてまいります。

手術件数

  • 病名
  • 2016年
  • 2015年
  • 胃・十二指腸手術
  • 16
  • -
  • 胃癌
  • 14
  • -
  • (腹腔鏡下)
  • 4
  • -
  • 胃瘻造設術
  • 62
  • -
  • 大腸・小腸手術
  • 45
  • -
  • 大腸・小腸癌
  • 29
  • -
  • (腹腔鏡下)
  • 19
  • -
  • 食道癌
  • 1
  • -
  • 肝臓手術
  • 8
  • -
  • 膵臓手術
  • 3
  • -
  • 胆嚢・胆管手術
  • 90
  • -
  • (腹腔鏡)
  • 37
  • -
  • (内視鏡)
  • 51
  • -
  • 肺切除
  • 4
  • -
  • (胸腔鏡)
  • 2
  • -
  • 虫垂炎手術
  • 32
  • -
  • (腹腔鏡)
  • 30
  • -
  • ヘルニア手術
  • 47
  • -
  • 肛門手術
  • 2
  • -
  • その他
  • 160
  • -
  • 合計
  • 513
  • -
  • (鏡視下)
  • 143
  • -

消化器内視鏡

最新のオリンパスEVIS LUCERA290システム、電子カルテシステムSOLEMIOを導入し、内視鏡もハイビジョンカメラ(GIF-H290、CF-H290AL/I)を使用しております。また経鼻内視鏡(GIF-XP260N)も使用しておりますので、詳しくは外来担当医にご相談ください。看護師も内視鏡専門の教育を受けた内視鏡検査技師が担当しておりますので、お困りの時はお気軽にご相談ください。内視鏡部門では、精密検査だけでなく、止血処置、ポリープ切除、早期癌の切除手術、総胆管結石の処置などもおこなっております。

  • 2016年
  • 2015年
  • 上部消化管
  • ESD・EMR
  • (緊急検査)
  • 小腸検査
  • カプセル
  • 内視鏡
  • 下部消化管
  • (緊急検査)
  • 胆道内視鏡
  • 51
  • 胃瘻造設術
  • 62
  • 内視鏡的止血術
  • 35
  • 大腸ステント挿入
  • 8

医師紹介

本橋英明

    • 役職:
    • 副院長・消化器センター長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 職歴:
    • 東京医科歯科大学医学部腫瘍外科、国立がんセンター中央病院、中野総合病院などを経て、2006年7月より森山記念病院勤務。消化器の急性疾患・悪性疾患の診断、腹腔鏡も含めた手術治療、化学療法を専門としている。
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、消化器がん外科治療認定医
      Society of Surgical Oncology (SSO), active member
      International Association of Surgeons, Gatroenterologists and Oncologists (IASGO), active member

北條郁生

    • 役職:
    • 副院長・外科部長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医
      日本消化器病学会専門医
      日本消化器外科学会認定医
      日本乳癌学会認定医

中島康雄

    • 役職:
    • 大腸肛門外科部長
    • 経歴:
    • 京都で一般外科、大腸肛門科医として活躍。2003年9月より東葛辻仲病院に勤務。東葛辻仲病院副院長、アルト新橋胃腸肛門クリニック院長を歴任。2016年6月より森山記念病院 大腸・肛門外科部長に就任。肛門疾患診療を多数経験し、大腸内視鏡検査経験も豊富である。また、痔瘻の超音波診断を数多く手掛けている。
    • 資格:
    • 日本大腸肛門病学会専門医、指導医(Ⅱb:肛門科領域専門)
      日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
      日本外科学会専門医
      日本消化器病学会専門医
      日本消化器外科学会認定医
      日本消化管学会認定胃腸科専門医、指導医

村山忠雄

    • 役職:
    • 外科医長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 職歴:
    • 東京医科歯科大学医学部腫瘍外科
      新潟県立十日町病院
      東京都立大塚病院
      東芝病院/草加市立病院
      などを経て、平成26年10月より現職。
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医

堀口雄大

    • 役職:
    • 外科医員
    • 学歴:
    • 金沢大学医学部 卒
    • 職歴:
    • 金沢大学医学部付属病院先進総合外科
      厚生連高岡病院
      国際医療福祉大学三田病院
      横浜栄共済病院
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医、日本がん治療認定医機構認定医

有路登志紀

    • 役職:
    • 消化器外科医員
    • 学歴:
    • 群馬大学医学部 卒
    • 職歴:
    • さいたま赤十字病院
      厚町赤十字病院
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医

大久保靖

    • 役職:
    • 森山記念病院 名誉院長
    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部 卒
    • 資格:
    • 日本外科学会認定医
      日本消化器外科学会認定医

木村憲幸(非常勤)

    • 学歴:
    • 東京医科歯科大学医学部卒
    • 職歴:
    • 東京医科歯科大学医学部腫瘍外科
      三島社会保険病院外科
      中野総合病院外科
      森山記念病院(2013年9月まで勤務)
    • 資格:
    • 日本外科学会専門医
      日本消化器内視鏡学会専門医

中島寛隆(非常勤)

    •  
    • 早期胃癌検診協会 所長

高橋敬二(非常勤)

    •  
    • 松島クリニック 副院長

岡野直樹(非常勤)

    •  
    • 東邦大学医療センター大森病院 消化器センター内科

浅野侑(非常勤)

    •  
    • 東京医科歯科大学 消化器内科

田中将平(非常勤)

    •  
    • 東京医科歯科大学 消化器内科

桒原木の実(非常勤)

    •  
    • 東京医科歯科大学 消化器内科

浅川剛人(非常勤)

    •  
    • 東京医科歯科大学 消化器内科